ミネラルバランスに注意

スポンサードリンク

ミネラルバランスに注意

ミネラルを摂るときには,その量だけでなくバランスにも気を付けなければいけません。バランスが悪いと,多く摂っているミネラルの働きが弱くなります。それでは,どのようなミネラルのバランスに注意すれば良いのでしょうか?

 

バランスを考えなければいけないミネラルとして,鉄と銅が挙げられます。鉄は,ヘモグロビンの材料となり造血に欠かせませんが,銅がなければヘモグロビンを作ることができません。鉄を意識して摂っても,銅不足のために鉄欠乏性貧血になることがあります。摂取基準からすると,鉄の10分の1程度の銅が必要なことになります。豆類やエビなどが銅を多く含んでいますし,鉄の多いレバーからは銅も取り入れることができます。

 

また,カルシウムとマグネシウム,リンもバランスを取らなければいけません。理想的なバランスは,マグネシウム1に対してカルシウムが2〜3倍,リンもカルシウムと同じ程度とされています。どれも骨を強くするのに必要なミネラルですが,バランスが崩れやすい傾向にあります。カルシウムやマグネシウムは不足しがちなのに対し,リンは食品添加物から基準以上に取り入れられることが多いようです。リンが不足することはまずありませんので,カルシウムとマグネシウムの摂取量を増やすよう意識すると良いでしょう。

 

ミネラルはビタミンとは違い,取り入れたものが蓄積されるなどしてしばらく影響が続きます。ミネラルバランスの崩れも同じです。偏りのない食生活をすることが大切であるといえます。

スポンサードリンク