汗とミネラル

スポンサードリンク

汗とミネラル

体に取り入れるミネラルのことだけでなく,体から失われるミネラルのことも考える必要があります。汗をかきやすい季節になると,汗によって失われるミネラルのことが指摘されます。では,汗とミネラルの関係について見てみましょう。

 

汗には二つの種類があります。一つは脇の下や陰部に多くあるアクポリン汗腺からかく汗で,水分だけでなく脂肪やたんぱく質も含まれていて,サラサラしてなくにおいもいくらかある汗です。

 

もう一つは,全身に分布しているエクリン汗腺からの汗で,体温調節のために必要な汗です。これは99パーセントが水分ですが,残りの1パーセントにはナトリウムやカリウム,マグネシウムなどのミネラルが含まれています。

 

通常,1日に数リットルの汗をかいていますので,汗をかけばそれだけミネラルが失われることになります。しかし,健康な人の場合,汗から出るミネラルは血液中に戻されるため,汗の組成は水がほとんどということになります。ですが,汗をかき慣れていない人の場合はその機能が正常に働かず,ミネラルが多く失われることになります。俗に,良い汗,悪い汗,といわれるものです。

 

どちらにしても,気が付かないうちにミネラルが失われる可能性がある訳ですから,汗をかいたならミネラルを補わなければいけません。特に,スポーツをしているときや暑い時期はそういえます。水分しか補給していないとミネラル不足による熱けいれんという症状が起こりやすくなります。スポーツドリンクなどを使用すると良いでしょう。

スポンサードリンク