カルシウム

スポンサードリンク

カルシウム

子供でも知っているミネラルの一つが,カルシウムです。カルシウムを摂るようにといわれる子供は多いですが,カルシウムは大人にも大切な栄養素です。では,カルシウムはどのような働きをしているのか,見てみましょう。

 

個人差はありますが,カルシウムは体重1キロにつき20グラム存在しているとされています。そのうちの99パーセントは貯蔵カルシウムとして骨や歯に貯えられています。残りの1パーセントは血液や筋肉などに分布して,機能カルシウムとして作用しています。

 

ですから,取り入れたカルシウムのうちいくらかは体の機能調整のために使われ,その他は骨や歯に沈着されることになります。こうして,多く取り入れたカルシウムによって,骨や歯が丈夫になる訳です。逆に,カルシウムが不足すれば,血中に必要なカルシウムが骨から溶け出して蓄えが減り,次第に骨が弱くなっていきます。

 

血中の機能カルシウムは,筋肉の収縮や血液の凝固,精神の安定などの働きをしています。機能カルシウムの必要量は貯蔵カルシウムの量に比べて非常に少ないため,不足によって機能不全に陥ることはまずありません。

 

カルシウムが不足するとイライラする,といわれますが,血中のカルシウム量は一定ですから,あまり関係ありません。むしろ,血中のカルシウム量を調整する機能が弱ることが関係しているとされています。

 

カルシウムは,大豆製品や乳製品,小魚に多く含まれていますが,効率良く吸収させるためにはビタミンCやクエン酸を加えることが効果的です。また,マグネシウムやリンなどとのバランスも重要です。

スポンサードリンク