ナトリウム

スポンサードリンク

ナトリウム

大切な役割をしていながら摂り過ぎの傾向があるミネラル,ナトリウム。食事の内容によっては注意する必要があるでしょう。では,ナトリウムの作用や過剰になることの問題,摂取量のコントロール方法などについて見てみましょう。

 

ナトリウムは,体重の0.15パーセントほど存在しているミネラルです。主な役割は,細胞の水分保持です。ほとんどは細胞の外にあり,細胞内にあるカリウムとバランスを取ることで,細胞内の水分量を調節しています。また,神経伝達や筋肉の収縮にも欠かせない働きをしています。

 

嘔吐や下痢,過度の発汗などがない限り,通常では不足することはありません。むしろ,摂取過剰の方が問題視されています。ナトリウムが多くなると細胞内にナトリウムが取り込まれ,その際水分も細胞に入り込みます。それを排出させるカリウム量が足りないため,細胞が水ぶくれ状態となり,むくみが引き起こされます。細胞が膨れることで血管が圧迫され,高血圧につながることにもなります。

 

ナトリウムは,食塩から取り込まれます。日本食特有の味噌や醤油などの調味料には塩が多く使われていますし,これらの調味料が使われた加工食品やインスタント食品のナトリウム量もかなり多いです。保存食に塩が使われることも多いため,日本食ではナトリウムが過剰になりがちです。

 

そこで,厚生労働省は食塩の摂取量を1日8〜10グラム程度にすることを推奨しています。食塩の量を減らすには,ダシや薬味,酸味のある調味料を使うことができます。食塩も自然塩を使えば,他のミネラルを摂る代わりにナトリウムを減らせます。

スポンサードリンク