スポンサードリンク

鉄の必要を身をもって感じている人は少なくありません。微量ではありながら,健康維持に必要な役割を担っているミネラルの一つです。では,体内での鉄の機能や効果的な摂取の仕方などについて見てみましょう。

 

通常,体内には鉄が4グラム程度存在しているとされています。微量ミネラルに分類されるミネラルの中では最も多い量で,その働きも身近なものです。7割ほどが機能鉄といわれ,血液中にある赤血球の色素であるヘモグロビンに取り込まれています。それによって,全身の細胞へ酸素を運搬する働きをしています。残りの3割程度は,肝臓などの内臓に貯蔵鉄として貯えられ,機能鉄が減少したときに使われます。

 

鉄の不足は,貧血を引き起こします。全身に酸素を運ぶことができなくなり,目まいや動悸,倦怠感,頭痛などの症状が起こります。貧血が慢性化していてそれほど目立った症状の出ない人もいますが,状態としては酸素不足ですので対処が必要です。

 

特に,成長期の子供や毎月の月経で出血する女性は,鉄を意識して摂らなければいけません。消化器系の潰瘍や痔などでの出血傾向がある人も同じです。

 

鉄は不足の心配がある割りに,多く食べても吸収されにくいのが難点です。鉄を取り入れやすくするには,動物性食品の鉄であるヘム鉄を利用するのが効果的です。レバーや赤身などに含まれるヘム鉄は,植物性の非ヘム鉄より何倍も吸収率が高いです。さらに,ビタミンCやたんぱく質を合わせると吸収されやすくなりますから,そのような工夫もできます。

スポンサードリンク