食べ合わせ

食べ合わせについて

スポンサードリンク

食事は,安全で,かつ健康に役立つものでなければいけません。ほとんどの料理が複数の食材を組み合わせて作るものですが,安全や健康のために効果的な食べ合わせもあります。では,どのような食べ合わせが体に良いのか,見てみましょう。

 

食品の中には,どうしても細菌が繁殖しやすいものがありますし,加熱せず生で食べたいものもあります。そのようなときには,安全を考えて,殺菌作用のある食材を合わせるのが効果的です。その一つが,シトラールという成分で,かんきつ類やショウガ,山椒などに含まれています。ですから,魚介類にレモンを絞ったり,生ものにショウガや山椒を乗せたりするのは理にかなったことといえます。単なる風味付け以上の意味もありますので,適量を使うようにすると良いでしょう。

 

殺菌作用ということでいえば,クロロフィルともいわれる葉緑素も役立ちます。緑の葉には例外なく含まれている成分ですが,食事のメニューでは,三つ葉やパセリ,クレソンなどが添えられることがあります。葉緑素は,体内の有害な物質を外に出してくれる働きがありますから,飾り付けとして見ずに食べることができます。

 

食材を酢漬けにして保存することがあるように,種類に関係なく酢には食品の保存性を高める作用があります。夏場の食品が傷みやすい時期には,酢を使った料理を作るというのも,食べ合わせとして最適です。

 

自然の食品には健康に役立つさまざまな効果があり,古くから食べ合わせとして利用されてきました。食の安全を守るためにも,このような食べ合わせを取り入れるようにしましょう。

スポンサードリンク