食品添加物について

食品添加物について

スポンサードリンク

食の安全について語られる上で取り上げられることが多いのが,食品添加物です。無添加や添加物不使用ということを売りにしている食品も少なくありません。では,食の安全と食品添加物の関係について考えてみましょう。

 

まず,食品添加物の定義ですが,加工食品を製造する際に使う物質,ということができます。化学物質というイメージが強いと思いますが,必ずしもそうではなく,天然の物質が食品添加物として使用されることも少なくありません。種類としては,着色料や保存料,香料,甘味料に加えて,製造に必要な材料などが挙げられます。

 

肝心の安全性についてはどうでしょうか?日本では,食品衛生法によって種類や使用できる量などが細かく規制されています。安全性が確認された上で使用が許されたものばかりですが,研究が進むにつれて指定が取り消される食品添加物もあります。

 

また,食品や販売方法などによっては添加物の表示をしなくても良いケースがあります。パン屋さんで製造販売されている商品はその一例です。

 

食品添加物が使われた食品を極端なまでに避けようとする人がいますが,実際のところ,食品添加物がなければ今の食生活は成り立たないでしょう。豆腐を固めるためのにがりも食品添加物ですし,ある程度保存が利くようにするためには添加物が必要です。

 

先述のとおり,法律での規制がある中で使われているものですから,それほど心配する必要はないでしょう。ただし,化学物質へのアレルギーがある場合などは,原材料表示をチェックしなければいけません。

スポンサードリンク