食中毒を防ぐ方法

食中毒を防ぐ方法について

スポンサードリンク

いっぺんに体力を奪われてしまう食中毒にかかるのは,絶対に避けたいものです。食品選びや調理には十分注意をしなければいけません。では,食中毒を防ぐためにはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

食中毒の原因となるものには,細菌があります。代表的なものとしてO-157を含む病原性大腸菌,肉や卵,害虫やネズミなどから感染するサルモネラ菌,魚介類が発生源の腸炎ビブリオの3種類が挙げられます。どれも腹痛や吐き気,下痢,発熱などが主な症状で,病原性大腸菌の場合は重症化することもありますから,注意が必要です。

 

また,ウィルスが原因となるものもあります。冬場に流行するノロウィルスによる胃腸炎がそれです。ノロウィルスは非常に強く,感染している人の嘔吐物や糞便の処理跡などから手指,テーブル,食器などに付着して感染を広めます。体内に入るウィルスはわずかであっても発病します。

 

このような食中毒を防ぐには,付けない・増やさない・殺す,が原則です。調理器具を清潔にして生野菜などに原因菌を付けないようにしなければいけません。扱う食材によってまな板を変えるのは有効な手段です。また,食品を冷蔵また冷凍保存することで細菌が増えないようにもできます。ただし,冷蔵庫の詰め過ぎは冷蔵効率が悪くなりますから,注意しましょう。細菌を殺すために,しっかり加熱することが大切です。中まで加熱できるように切り方を変えたり温度を調節したりすると良いでしょう。

 

手を小まめに洗うことも必要です。サッと流すだけでなく,石けんを使って手首や爪の間までキレイにするようにしましょう。

スポンサードリンク