食品の情報を入手する

食品の情報を入手する

スポンサードリンク

自分が手にしている食品の素性をもっと知りたいと思う人は少なくありません。特に,産地偽装などの事件をきっかけに,そのような機運も高まっているようです。では,どのようにして食品の詳しい情報を入手することができるでしょうか?

 

スーパーで購入する食品は,食品表示やラベルを見て,どのようなものかを知ることができます。しかし,それが必ずしも正確であるという保証はなく,不正に操作されることも稀ではありません。

 

そこで導入が進められているのが,食品トレーサビリティシステムです。その食品に付けられた番号を入力すると,産地はどこか?生産者は誰か?どのようにして生産されたのか?どのようなルートで販売されているのか?といったことを知ることができるシステムです。すでに国内でも一部で導入されていて,自分のパソコンから買ってきた食品についての情報を追跡できるようになっています。販売店に専用の端末を置いているところもあるようです。

 

このシステムによって,購入しようと思う食品への安心度は高まることでしょう。その一方で,導入に掛かるコストや生産者の負担をどのように軽減するかという課題も残されています。

 

また,消費者側としては,このようなシステムで必ずといって表示される生産者の名前などはそれほど重視しておらず,安全基準を満たしていることが一目で分かれば良い,と考えていることが統計から示されています。必要な情報を入手したいと思っている人は多いですから,トレーサビリティシステムの今後に期待をしたいと思います。

スポンサードリンク