賞味期限について

安全な食品の選び方:賞味期限について

スポンサードリンク

安全な食品を選ぶポイントの一つは,賞味期限です。消費期限や品質保持期限など似たような表現もありますが,どのように違うのでしょうか?また,賞味期限などをどのように考えて食品を選べば良いのでしょうか?

 

食品に表示されたいろいろな表示の中で,多くの人がチェックするのが,賞味期限や消費期限です。ほとんどの場合,陳列している表面に書かれていますから,見るだけで比較することができて便利です。

 

消費期限というのは,加工食品の中でもあまり日持ちのしない生ものに設定されるものです。おおむね製造日を含め5日以内で消費することが勧められていて,それを過ぎると品質が落ちるとされています。その中でも,弁当や惣菜,刺身など品質の劣化が早いものについては,日付と時間が表示されます。ただし,保存方法が悪いと,消費期限以内に腐敗する可能性があります。

 

賞味期限と品質保持期限はほとんど同じ意味で,賞味,つまりおいしく食べられる期間を示したものです。6日以上日持ちする食品が対象で,保存が利くため消費期限よりも基準は緩いです。3ヶ月以上保存できる場合は,年月だけの表示でも良いことになっています。

 

このように見ると,特に意識しなければ行けないのは,消費期限です。つまり,生ものを買うときは必ずチェックする必要があります。毎日買うのではないものは,できるだけ消費期限が先のものを選ぶようにしましょう。消費期限切れが近くて値引きされているものは,買いだめせずにその日のうちに使い切らなければいけません。

スポンサードリンク