食品表示について

安全な食品の選び方:食品表示について

スポンサードリンク

安全な食品を選ぶときに見たいのが,食品表示です。パッケージの裏に細かく書かれていることが多いですが,その表示からその食品についていろいろなことを知ることができます。では,安全な食品を選ぶために食品表示をどのように参考にすることができるでしょうか?

 

まず,原産地をチェックしましょう。野菜や果物などは生産された国や地域,畜産物は飼育された国や地域,水産物は漁が行なわれた水域や水揚げされた港などが表示されています。注意が必要なのは,畜産物の場合,海外で成育し日本で一定期間飼育されたものであれば国産と表示できることです。また,水揚げされた港やその都道府県が書かれる水産物は,必ずしもその近海で漁獲されたものではない,ということになります。

 

原材料表示もよく見てみましょう。たくさん書いてあって何がなんだか分からない,ということもあるかも知れませんが,すべての原材料を多く使われているものから順に表示することになっていることから,その食品のことを推測することができるでしょう。表のコピーほど野菜が使われていないとか,油類が多く使われている,といったことが分かりますし,化学調味料や添加物がどれほど使われているかも分かるでしょう。

 

また,平成14年からアレルギー表示も義務付けられるようになって,原材料表示に含められたり別途分かりやすく記載されたりしていますから,食品アレルギーに注意が必要な場合はチェックしなければいけません。

スポンサードリンク