野菜や果物の選び方

食品の安全な選び方:野菜と果物について

スポンサードリンク

頻繁に購入する野菜と果物ですが,害虫予防などの目的で農薬が使われることが多いです。ある程度は仕方ありませんが,少しでも安全なものを選びたいものです。では,安全な野菜と果物を選ぶにはどうすれば良いでしょうか?

 

まず頭に入れておきたいのは,市場に出回っている野菜や果物は定められた安全基準を満たしている,ということです。葉野菜など散布した農薬が直に付着するものであっても,それを食べたからといって健康被害が出ることはまずありません。ですから,神経質にならない程度に良いものを選ぶようにしましょう。

 

野菜と果物を選ぶときにチェックしたいのが,鮮度です。種類によっては,収穫してからできるだけ早めに食べなければいけないものもあります。基本的に鮮度が落ちると張りがなくなったり色が悪くなったりします。それを参考に,新鮮なものを選びましょう。野菜や果物は,収穫したそばから栄養価が失われていくことを考えると,やはり鮮度の良いものを選びたいものです。

 

また,無農薬や有機農産物という表示をよく見るようになりましたが,その違いを知っておくことも大切です。有機農産物は,農薬も化学肥料も使っていない野菜や果物で,無農薬は,化学合成農薬を使わずに栽培したものをいいます。ですから,無農薬では化学肥料が使われていることがあります。さらに,減農薬や無化学肥料というものもあり,さらに基準が緩くなっています。

 

野菜と果物は,自然からの貴重な栄養源ですから,できる限り自然に近い形で生産されたものが安全だといえるでしょう。

スポンサードリンク