家庭の安全な調理法

食品の課程の安全な調理法について

スポンサードリンク

安心して食事をするには,安全な調理を行なわなければいけません。おいしさや安さを求めるのも大切ですが,安全は大前提ですので必ず守るようにしましょう。では,食品の安全な調理のためにどのようにすれば良いでしょうか?

 

まず,調理の前に食材の状態をチェックしましょう。一目で傷んでいることが分かるものを廃棄するのは当然ですが,それ以外にも変質していないか確かめなければいけません。においや感触,色などがおかしいようなら食べないようにしましょう。

 

食材や調理スペースを清潔にすることも大切です。生で食べる野菜などは,しっかり洗って泥や虫を落としましょう。生の肉や魚を切ったまな板を洗わないまま生野菜を扱うのも良くありません。調理中に何度もまな板や包丁を洗うのは当然のことです。

 

実際の調理では,肉などに付いている微生物を死滅させるために,しっかりと火を通さなければいけません。中まで火が通っていなくても大丈夫なものもありますが,最低70度に加熱することは必要とされています。食べていて生のようだったら,再び調理して加熱するようにしましょう。

 

出来上がった料理はできるだけ早めに食べることも大切です。しっかり加熱して作った料理も冷めてくると,また細菌が増えていきます。時間が経ったなら再加熱してから食べるようにしましょう。

 

日本ではほとんど問題ありませんが,キレイな水で調理することも必要です。井戸水を使ったりアウトドアで調理をしたりするときには意識しておきたいものです。必要なら,一度沸かしてから使うようにしましょう。

スポンサードリンク