加工食品の管理方法

加工食品の安全な管理方法について

スポンサードリンク

火を通せば良いなどの便利さからよくお世話になることの多い,加工食品。生鮮食品ではありませんが,よく管理して安全に食べられるようにしなければいけません。では,加工食品の管理をどのように行なうことができるでしょうか?

 

加工食品といってもいろいろな種類があり,パンや豆腐のような生ものに近い感覚のものも加工食品に含まれます。このようなものは,原料よりも保存性が悪くなっていますので,できるだけ早めに消費するようにしなければいけません。使う量や頻度が少ないのであれば,小分けになったものや分量の少ないものなどを購入するようにしましょう。

 

レトルト食品やフリーズドライ食品など比較的日持ちのする加工食品もありますが,やはり賞味期限があります。それほど急いで使用する必要はありませんが,期限内に使うようにはしなければいけません。賞味期限だけでなく製造年月日もチェックして,新しいものを購入するようにすれば,保存できる期間も長くなります。

 

缶詰や瓶詰め,密閉包装されたものなどは,未開封だと長期間置いておけますが,一旦開けてしまうと早く使わなければいけません。必ず別の容器に移して冷蔵庫などで保存し,数日以内に食べてしまうようにしましょう。

 

調味料も加工食品の一つですが,期限を守らなければそれで味付けをした食品すべてが食べられなくなります。物によっては捨ててしまう外袋に賞味期限が書いてありますので,注意して管理する必要があるでしょう。

スポンサードリンク