野菜や果物の管理方法

野菜や果物の管理方法について

スポンサードリンク

買ってきた野菜や果物は正しく管理しなければ早く傷んでしまいます。それぞれに適した保存方法がありますから,それに合わせて管理するようにしましょう。では,野菜や果物の管理方法について見てみましょう。

 

普通,買ってきた野菜や果物は腐らないように冷蔵庫で冷やして保存します。しかし,時期に関係なく何でも冷蔵庫に入れれば良いという訳ではありません。冷蔵庫に入れることで品質が落ちるものもあります。イモ類やタマネギなどの根菜類,ナス,トマトなどは冷蔵庫に入れない方が良いです。ただし,ショウガやサツマイモ以外は,夏場には新聞紙で包んで冷蔵庫で保存しましょう。

 

ホウレン草やネギなどの葉野菜の場合は,葉を上にして冷蔵庫に立てて保存しましょう。キッチンペーパーで包むなどして,空いた牛乳パックなどに差して野菜室に入れると良いでしょう。

 

少し難しいのがキュウリです。冷蔵庫に入れているのに腐らせてしまったことのある人は多いと思います。キュウリはデリケートですから,冷やし過ぎないように水気を拭いて保存し,できるだけ早めに使い切るようにしましょう。

 

果物で注意が必要なのは,リンゴです。リンゴはエチレンガスを出して,それが他の野菜や果物の成熟を早めますから,傷みやすいものの近くには置かないようにしましょう。バナナは冷蔵庫に入れると黒くなります。(風邪を引くというそうです。)常温で管理しましょう。

 

どの野菜や果物でも,いつ買ったかを分かるようにしておけば古いものから使えます。また,買い物前にはチェックをして,まだ足りるものを買わないようにしましょう。

スポンサードリンク