悪い姿勢のタイプ

悪い姿勢のタイプ

スポンサードリンク

姿勢が良くないといっても,いろいろなタイプがあります。人の体は,前後左右の傾きやねじれなど,さまざまな体勢ができますから,それが姿勢にも現われやすくなります。では,悪い姿勢にはどのようなタイプがあるでしょうか?

 

まず,よくあるのが,猫背です。まさに猫のように背中が丸まった姿勢で,このような姿勢が楽であるために,猫背になる人は少なくありません。また,猫背の一種で,横から見ると丸まった頂点が肩で,首が前に出ている,くび猫背というのもあります。猫背は,高齢者によく見られる姿勢ですが,デスクワークなどで前傾姿勢をして長時間過ごす人にも多いです。

 

猫背に対して,背筋を張り過ぎて胸を突き出したような姿勢もあります。分かりやすくいえば,体操選手のような姿勢です。一見キレイな姿勢に見えますが,実は背骨の自然な湾曲に反するもので,長時間続けることはできません。姿勢を意識している人が取りやすい姿勢の一つといえます。

 

中年男性に多いのが,お腹を突き出した姿勢です。横から見てお腹が一番前に出ていますので,くの字の形をしているのがはっきり分かります。腰に負担が掛かり,腰痛が出やすい姿勢の一つです。

 

また,左右のバランスが悪く,両方の肩の高さが違っていたり,首が傾いていたりするのも悪い姿勢です。斜に構えるといわれるような,体をねじった姿勢をしている人も見られます。

 

このような全身のバランスの悪さは,歩き方や座る姿勢にも影響して,前のめりになったり左右にゆがんだりするようになります。

スポンサードリンク