姿勢悪化を防止する

姿勢悪化防止方法

スポンサードリンク

意識して矯正してキレイになった姿勢。また,ほとんど崩れたことがない整った姿勢。是非とも維持して姿勢が悪くなるのを防ぎたいものです。では,姿勢悪化を防止するためにどのようなことを行なえば良いのでしょうか?

 

姿勢が崩れてしまう原因の一つに,筋力の低下が挙げられます。年を取るとどうしても背中が丸まってしまうというのには,それが大きく関係しています。ですから,できれば毎日,少しでも筋力トレーニングを行なうようにしましょう。それほどハードなものを行なう必要はなく,1〜2キロ程度のダンベルを使ったり特定の部分に力を入れるように意識したりして行なうだけでも十分です。時間を取り分けなくても,仕事の休憩などでも行なえるかも知れません。いずれにしても,気が付いたら筋力が落ちて姿勢が悪くなっていた,ということがないようにしましょう。

 

冬の間に姿勢が悪くなるという人は少なくありません。寒さのせいで体を屈めて過ごし,それにこりも合わさることが影響しているでしょう。ですから,寒さ対策を十分行なって,冬場でも良い姿勢を保てるようにしましょう。薄手で温かいものを着るのがベストです。最近は,発熱や保温に効果のあるインナーなども増えていますから,利用すると良いでしょう。

 

デスクワークをしているなら,同じ姿勢を続けないようにすることで,姿勢悪化を防げます。眼精疲労防止の観点からしても,理想的なのは1時間おきに5〜10分程度休憩することです。就業時間の規則を守りながら,適度な休憩を取り入れるようにしましょう。

 

スポンサードリンク