姿勢から来る気分変調

気持と姿勢の関係

スポンサードリンク

悪い姿勢が実際の体に与える影響も厄介ですが,精神的な部分への影響も見逃すことはできません。ストレスが多い中では是非とも気を付けたいところです。では,姿勢と気分変調との関係について見てみることにしましょう。

 

気分がすがすがしく晴れやかなときというのは,おのずと背筋もピンと伸び,気持ち良く過ごせるものです。しかし反対に,落ち込んでいたりうつうつしたりしていると,いつの間にかうつむいてしまっている,というのはよくあることです。

 

このような例から分かるとおり,表情が心を表わすのと同じように,ある場合において姿勢も心の状態を反映するものといえるでしょう。うつむき加減の人が楽しい,面白い,ということはまったくない,といっても過言ではありません。

 

季節や天候が気分に影響することは経験から知っていることでしょう。暖かく晴れた日は背を伸ばして動きたくなります。しかし,冬のどんよりした日には,寒さも手伝って背中が丸まり,気分もいくらか暗くなってしまいます。南国には陽気な人が多いのは,このようなことが関係しているのかも知れません。

 

また,姿勢が悪いと集中力が落ち,意欲も低下します。言い換えると,仕事や勉強の効率が悪くなる,ということです。姿勢が崩れていることは,疲れや行なっていることへの興味の無さの表われでもあるでしょう。

 

いずれにせよ,姿勢から気分変調が起こり,それが姿勢にも表われるという良くないサイクルに陥らない注意が必要です。

スポンサードリンク